2013年5月30日

ヨクミル ヨクキク ヨクスル

第1回
きょうなにつくる?
牛乳パックを使って

CIMG0419-re

きょうなにつくる?・・・・

友の会は、雑誌『婦人之友』の愛読者が作った団体です。今年で83年目になりました。

そして『婦人之友』は2013年4月、創刊110周年を迎えました!

『婦人之友』を教科書に、が会員の合言葉。

まち協 088

友の会は、子ども自身が目や手や頭をよく使って、何かを「感じる」ことをとても大切にしています。

宮前方面は、高津区・宮前区の友の会会員約60人で構成されています。会員年齢は20代から90代まで幅広い!なので、こどもも、0歳から大学院生まで大勢います。

夏や、クリスマスには幼稚園から小学生までの子どもの集まりを開催しています。その中から婦人之友2012年に連載された田中周子(たなかひろこ 甲府友の会会員 子ども生活アドバイザー)氏の記事を参考にして、牛乳パックの工作をしました。トップページの作品はそのときのものです。

まち協 087

ここで、基本形のつくりかたをご紹介しま~す

まずは、牛乳パックをこんなふうにカット。

まち協 083

もち手部分を重ねてホチキスでとめる。

まち協 084

まわりをきれいな紙やイラストで飾り付ければ、

オリジナル作品のできあがり。

トップページの作品は二つつなげて鉛筆立てにしました。

まりえちゃん

「作るの大好き。お花の絵が描けてうれしい。また何か作りたいな。」

他にも、底に穴を開ければ、じょうろになるよ。

お散歩のとき、拾った木の実を入れてもいいね。「おさんぽバケツ」って呼ぼう。

何か違う使い方があったら教えてね

 

次回もお楽しみに。

※「ヨクミル、ヨクキク、ヨクスル」:出典『羽仁もと子著作集 第18巻 教育三十年』(婦人之友社 刊)より

 


 

宮前方面ニュース 2013.6.3 パジャマを作る会 第2回 at  てくのかわさき

安い衣料がかんたんに手に入る世の中だけど、子どもが喜んで着てくれるうちは手作りしたい!おうちにミシンのないお母さんも、ちっちゃい子がいてお裁縫なんてムリムリって思ってたお母さんも、先生つき!ミシン部屋つき!託児つき!のパジャマを作る会で作っています。会員なら無料で参加できます。

こんな環境、なかなかありませんよ。参加しなくちゃソンソン!

まち協1回目

どんなパジャマができるかな?

 


バックナンバー