2016年3月1日

みやまえリレー写真館

第2回 れいんぼう川崎の“はばたく小鳥”

レインボウ壁画全景

希望

大きな未来へ向かって

飛び立つ希望のイメージを

四季の大空を力強くはばたく

鳥たちの姿に託して表現した。

 

東有馬の「れいんぼう川崎」という施設では、館内のあちこちに“はばたく小鳥”の美しい立体壁画が飾られ、施設の利用者や来訪者の心を和ませています。壁画には、それぞれに素敵な言葉が添えられています。

 

 

レインボウ壁画 夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限りなく広がる海と空の間、

希望の虹に向かって、

鳥たちは力強くはばたく。

 

レインボウ壁画 秋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊かな実りの季節。

夢の実を沢山つけた枝に

しばし憩う鳥たち。

 

レインボウ壁画 冬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷たい北風にも、

一面の雪にもめげずに

花開く希望の花。

巡り来る暖かな明日に向かって

鳥たちははばたく

 

この絵が飾られている障害者支援施設「れいんぼう川崎」は

通所あるいは入所の重度身体障害者のためのリハビリテーション支援を行っています。

初めてれいんぼう川崎を訪問したとき、入口正面に飾られたこの立体壁画が目にとまりました。

病気や事故など様々な理由でここを訪れることになった人々を、施設全体が温かく受け止め励ましてくれている、そんな風に感じて胸が熱くなりました。

希望に向かってはばたく小鳥たちの壁画は、きっと見る人たちの心もはばたかせてくれていることでしょう。

散歩をしているだけではこの素敵な壁画を見ることができないのは、ちょっと残念ですね。

 

れいんぼう外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れいんぼう川崎では、お話し相手やトランプ、将棋などゲームのお相手など、誰でもできるボランティアも募集しておられます。気軽に立ち寄ってはいかがでしょう。

 

れいんぼう川崎

〒216-0002 宮前区東有馬5‐8‐10 電話/044‐888‐8601 ファクス/044‐888‐8849


やまだともこ

やまだともこ(やまだ・ともこ)

いつもやりたいことがいっぱいで、頭の中が混みあっています。
 シニアと呼ばれる年代になり、仕事も一段落。 “まちづくり活動”を楽しんでいます。
◆幼児向けTV番組「ひらけ!ポンキッキ!」で作詞。(代表作「まる・さんかく・しかく」)。
◆雑誌「社会教育」でエッセイ連載(3年)、記事の執筆(13年)。
◆セルフ・カウンセリング講座(カルチャースクール講師3年、NHK学園通信添削講師5年)。

バックナンバー