2014年5月1日

花でプロデュース*私時間

第2回 輝きと希望あふれる
アレンジメント

回復

今回は黄色をメインにしたアレンジメントです。私達が感じる黄色のイメージは明るさや輝き、希望…でしょうか。

研究者の色の分析では、濃い黄色や黄金色は永続的な価値を持つもの、大切なもの。太陽や希望を感じさせる色。ところが淡い黄色はエネルギーが消えていこうとする可能性。

他には憧れとくつろぎ、期待感や爽快感、自発性。ユニバーサルカラー協会代表の南涼子先生に教えていただいたところによると、色と形が私達の意識に大きく作用しているそうです。

さて、私達が普段黄色い花を見て黄色の分析までするかどうかはさて置き、単色使用では強すぎるので黄色以外に2,3色使ってアレンジメントしてみましょう。

上のアレンジメントは、腕の骨折から一ヶ月目のKさんの作品。テーマは〈回復です。お花の選び方や入れ方からも、エネルギーを感じられますね。

 

二つ目の作品はSさんのもので、テーマは〈さわやか〉。

image

 

次はKさんの作品。テーマは〈春うらら〉。

image

 

次はTさんの作品。テーマは〈天まで届け〉。

image

 

最後はSさんの作品。テーマは〈元気〉。

image

 

今回の材料費は、一人約800円でした。

次回のテーマは、赤!ご期待ください

 

 

 


荒牧 富美江

荒牧 富美江(あらまき・ふみえ)

学生時代、実験の合間にストレス解消で始めた華道。きれいなお菓子につられて習い始めた茶道。あれからン十年!ストレスを振り撒くオバサンとなった今、仲間とお花とお茶を楽しんでいます。

バックナンバー