2015年3月13日

地図を読む

第3回 みやまえガイドマップのあゆみ
(その1)

宮前イラストマップ

1.「宮前イラストマップ」(サイズ:78cmx108cm)

m-CIMG7987

宮前区は昭和57年に高津区から分区により誕生しました。しかし宮前区だけの地図というのはすぐには作られなかったようです。 最初に「宮前イラストマップ」が平成3年に発行されています。これは宮前区全域をイラストで現わし、主な施設や名所などを示すとともに散歩コースを入れて、まさに宮前区を紹介するものでした。

m-CIMG7988

その裏面に1万分の1の縮尺で「宮前区全図」という地図をいれたものです。 (サイズ:78cmx108cm)

 

2.みやまえガイドマップ(サイズ:60cmx92cm)

m-CIMG7993

平成9年に「みやまえガイドマップ」が初めて新規発行になりました。 これがいまのガイドマップの原形です。その後在庫がなくなると少しずつ内容を更新しながら印刷しているものです。

m-CIMG7989

この地図の特長は、

●行政が区民に行政関連施設の場所が判るよう明示していること。

●住所表示から場所が判るよう、大きな字で丁目を、そして細かい字ですが地番を入れているので、住所で大まかな位置を知ることができること

●その時々に関心がある事柄に関して施設名などを表示している。

●例えば、福祉施設などの名称と場所を表示しました。

●この時は、区内の各商店会の位置と名称を明示しました。

●また、散歩コースを紹介しているのも特長です。

●そして、地図面の空スペースに施設一覧を入れています。

m-CIMG7990

●地図の裏面を宮前区を紹介するデータ面としています。

(1)数字で見る宮前区 面積や人口などの他に、区内3つの駅の乗降客数を紹介しています。

(2)シンボルマークとキャッチフレーズ 新しく設定されたシンボルマークとキャッチフレーズを由来と共に紹介。

(3)宮前区の名所紹介 名所13選やなんでも70傑を紹介し区を知って欲しい意図が見えます。

(4)その他 データとして、バス系統図と医療施設一覧を入れています。

この面のデータもその時々の関心事に合わせ、その後は入れ替えていかれます。

この後の変化は、その2をお楽しみに!


藤田 信吾

藤田 信吾(ふじた・しんご)

宮前区けやき平在住約40年。何故か地図が大好きで、もし無人島へ行くとすれば「高等地図帳」を一冊持っていくのがいいな、などと思っています。
歩くことも好きで「城下町おだわらツーディマーチ」に毎年参加しています。
名所・旧跡を回るのでなく、普通の街並みを見て、歴史などを感じながら、ぼんやりと歩くのがよいのです。いまは、宮前区まちづくり活動に熱中。

バックナンバー